ケルン再訪

 

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館

Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館 Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館

ケルン大聖堂から歩いて5分程のところにヴァルラフ・リヒャルツ美術館があります。特に中世の宗教画の展示が充実しています。展示品のいくつかを見てみましょう。

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館についてはこちらをご覧下さい。

 

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
背景の町は15世紀初頭のケルン
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
展示室 展示室 正面に「薔薇書きの聖母」がみえます。
Madonna im Rosenhag 薔薇垣の聖母 ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
薔薇垣の聖母(ロホナー)Madonna im Rosenhag Stefan Lochner, 1448

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館の主要展示品のひとつシュテファン・ロホナーの「薔薇垣の聖母」です。

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
最後の審判 (ロホナー)

これもロホナーの作品です。下の写真は細部の拡大です。左が天国に行く人々です。悪魔に捕まりかけた人に天使が救いの手を差しのべています。右の地獄に行く人々と違い血色もいいですね。地獄側には三重冠を被った教皇もいます。

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
最後の審判 (ロホナー)部分 最後の審判 (ロホナー)部分
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
マグダラのマリア (クラナッハ
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
笛吹きと太鼓打ち (アルブレヒト・デュラー
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
展示室
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
イカロスの墜落のある風景 イカロスの墜落のある風景(部分)

イカロスの墜落のある風景」はブリューゲルとされる作品が有名ですが、これも同じ主題です。しかし、この絵のイカロスはまさに墜落するところです。

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
レンブラントの自画像
ヴァルラフ・リヒャルツ美術館(ケルン) Wallraf-Richartz-Museum & Fondation Corboud
マントヴァの友と集うルーベンスの自画像

 

ヴァルラフ・リヒャルツ美術館の見学はこれくらいにして、次はドイツァー橋(Deutzer Brücke)を渡りライン川の対岸から大聖堂を見てみましょう。

 


 

ドイツァー橋を渡りライン川右岸(東岸)へ

ケルン ドイツァー橋
ドイツァー橋

ドイツァー橋は市電も通る大きな橋です。歩を進めるにつれ少しずつ角度を変えていくケルン大聖堂と聖マルティン教会の景色は実に絵になります。

ライン川遊覧船の乗り場(ドイツァー橋より)
ライン川遊覧船の乗り場(ドイツァー橋より)
ドイツァー橋から見るケルン大聖堂
ドイツァー橋から見るケルン大聖堂
ドイツァー橋から見るケルン大聖堂
ドイツァー橋を渡りきった辺りから
ケルン大聖堂
ケルン大聖堂

ドイツァー橋を渡りライン川の対岸に来ました。今度はライン川沿いにドイツ国鉄も通るホーエンツォレルン橋へと歩いて行きます。

ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂
ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂
皇帝ヴィルヘルム1世像とホーエンツォレルン橋
皇帝ヴィルヘルム1世像とホーエンツォレルン橋
ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂
ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂
ホーエンツォレルン橋 ケルン
ホーエンツォレルン橋

ホーエンツォレルン橋の歩道と鉄道線路の間の柵には色とりどりの錠前が所狭しと掛けられています。

ホーエンツォレルン橋 ケルン
ホーエンツォレルン橋の錠前
ホーエンツォレルン橋 ケルン

大聖堂のあるライン左岸に戻ってきました。ケルンの観光はこれで終わりです。
それでは15時15分の電車で次の目的地アーヘンに向かいます。

ケルンの観光情報
このページのトップへ