イタリアの旅へ戻る Lago Maggiore
Isola Madre
マッジョーレ湖
マードレ島
HOME


ペスカトーリ島からここマードレ島にはボートで直に到着した。 この島は長さ330m、幅220mで三つの島の中で一番大きい。ここには15世紀頃からこの一帯を支配していたボッロメオ家によって18世紀に建てられたボッロメオ宮殿があり、これを囲むように素晴らしい植物園(庭園)が広がっている。
マードレ島の Madre は「母」のことだが何故この島が「母島」なのかは解らない。

フェリーの時刻表(ビデオ画像)

見学券の売り場兼案内所(ビデオ画像)

船着場から島に入るとすぐ庭園の入口がある。ここで入場券を買って先ず庭園から見学しよう。
マードレ島の入口

庭園は珍しい植物や南国の花々で溢れ、白い孔雀が放し飼いされている。親孔雀を茶色い羽の子供達が追う様はなんとも微笑ましい。
ここは時間に余裕を持ってゆっくり散策するのがよい。しかし、園内には日陰がほとんどなく炎天下では少々きついかもしれない。


ギラギラ照りつける太陽から逃げるように、ボッロメオ宮殿の見学へと進む。

宮殿見学の入口

庭園では人影もまばらだったが、宮殿に入るとかなりの見学者であった。やはり考えることは同じなのかもしれない。
宮殿内部は写真撮影が一切できない。各部屋は美術品で飾られそれなりの見応えはあるが、ここで有名なのは操り人形とその舞台装置のコレクションだそうだ。その昔、貴族達はこの人形劇で楽しんでいたのだろう。

(ビデオ画像)

マードレ島の見学を終え、またボートに乗りボッロメオ諸島のうち一番の見所であるベッラ島に向かおう。
ベッラ島へ
(NEXT)


ペスカトーリ島   ターラント邸庭園

※ このページに関連するリンク ※
マッジョーレ湖の観光情報(英語可)


ヨーロッパの旅へ
HOME


イタリアの旅へ

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved