モワサック MOISSAC

サン・ピエール修道院付属教会

 

 

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会
サン・ピエール教会 西扉口 サン・ピエール教会 サン・ピエール教会 南扉口

モワサックはトゥールーズから鈍行で50分ほどの距離ですが便が極端に少ないため行くのに苦労します。今日は日曜日なのでトゥールーズからモワサックへ行く電車は夕方の一本だけです。そのため特急でこの先の比較的大きな町アジャンまで行き、後戻りしてやって来ました。モワサック駅からサン・ピエール教会へは徒歩10分少々です。駅のホーム間の架橋からも見えます。それでは南扉口のタンパンから見てゆきましょう。

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口
サン・ピエール教会 南扉口 サン・ピエール教会 南扉口

サン・ピエール教会 南扉口のタンパン

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
サン・ピエール教会 南扉口のタンパン

南扉口のタンパンには世界の終末におけるキリストの再臨が表されています。

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
キリストと四福音書記者の象徴

中央のキリストの両脇には四福音書記者の象徴である鷲-ヨハネ(キリストから見て左上)、雄牛-ルカ(左下)、天使-マタイ(右上)、獅子-マルコ(右下)、さらにその周りを金の冠をかぶった24人の長老達が三層に配されています。

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
キリストと向かって左側の天使 キリストと向かって右側
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
向かって左二層目の長老 向かって右二層目の長老
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
向かって左三層目の長老 向かって右三層目の長老
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
一層目の長老達 一層目の長老達
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口のタンパン
一層目の長老達 一層目の長老達

 

 


ラントー(まぐさ)とトリュモー(中央柱)

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口の中央柱 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口リンテル モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口の中央柱
トリュモー ラントー トリュモー
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の聖パウロ像 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の預言者エレミア像 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の預言者エレミア像
トリュモーの聖パウロ像 トリュモーのエレミア像 トリュモーのエレミア像
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の預言者エレミア像 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の預言者エレミア像 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口中央柱の預言者エレミア像
トリュモーのエレミア像 トリュモーのエレミア像 トリュモーのエレミア像

この南扉口トリュモーのエレミア像はモワサックの北東、ドルドーニュ川上流の町スイヤック(スーイヤック)にある旧サント・マリー大修道院付属教会のイザヤ像とその類似性が指摘されています。次の3枚の写真はそのイザヤ像です。見比べてみて下さい。
(スイヤックの旧サント・マリー大修道院付属教会については当サイト内のこちらのページをご覧下さい。)

スイヤックのイザヤ像 スイヤックのイザヤ像 スイヤックのイザヤ像
スイヤックのイザヤ像 スイヤックのイザヤ像 スイヤックのイザヤ像
トリュモーの聖パウロ像 トリュモーの聖パウロ像 トリュモーの聖パウロ像
トリュモーの聖パウロ像 トリュモーの聖パウロ像 トリュモーの聖パウロ像
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左脇の聖ペテロ像 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右脇の預言者イザヤ像
扉口左脇の聖ペテロ像 扉口右脇のイザヤ像
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左脇の聖ペテロ像   モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右脇の預言者イザヤ像
扉口左脇の聖ペテロ像   扉口右脇のイザヤ像

扉口右壁の彫刻

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻
フランス建造物遺産博物館(パリ)のレプリカ
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻
扉口右壁最上部の彫刻
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻
偶像の墜落(上写真の部分) 聖家族のエジプト避難(上写真の部分) 神殿奉献(上写真の部分)
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻
東方三博士(マギ) 扉口右壁中段の彫刻(東方三博士の礼拝) 聖誕(イエスとマリア)

 

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口右壁龕彫刻
受胎告知 扉口右壁下段の彫刻 マリアのエリザベト訪問

扉口左壁の彫刻

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻   モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻
扉口左壁の彫刻   フランス建造物遺産博物館のレプリカ
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻
扉口左壁最上部の彫刻
モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻
ラザロの魂を抱くアブラハム 天使とラザロ 贅沢三昧な食事をする金持ち夫婦

向かって右端、金持ちが贅沢三昧な食事をしています。ルカによる福音書16章が題材です。

「ある金持がいた。彼は紫の衣や細布を着て、毎日ぜいたくに遊び暮していた。 ところが、ラザロという貧しい人が全身でき物でおおわれて、この金持の玄関の前にすわり、その食卓から落ちるもので飢えをしのごうと望んでいた。その上、犬がきて彼のでき物をなめていた。」 (ルカによる福音書16章19-21節)

左側ではユダヤの族長アブラハムがラザロの魂を膝の上に抱き祝福しています。

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻
地獄 扉口左壁の彫刻(中段と下段) 贅沢三昧の金持ちの死

贅沢三昧に暮らした金持ちが死の床にいます。悪魔は彼の魂をその肉体から引き出そうとし、その妻は泣き叫んでいます。

モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻 モワサックのサン・ピエール修道院付属教会 南扉口左壁龕彫刻
吝嗇(りんしょく) 扉口左壁の彫刻(中段と下段) 悪魔と淫乱

下段左の壁龕では首から金の詰まった大きな袋をさげたけちな男が物乞いへの施しを拒んでいます。男は悪魔にとりつかれ苦しめられています。

扉口をくぐりナルテクス、さらに堂内へと進みます。

 

 

このページのトップへ