ヨーロッパの旅へ(HOME)  フランスの旅へ
第7日目 平成9年8月14日(木)

今日も観光バスでディナン、フレエル岬、ラットゥ要塞を一日かけて観光する。
昨日観光したモン・サン・ミッシェルとは反対方向の地域だ。
バスはサン・マロを9時に出発しランス川を渡りディナールの町でピックアップした後一路ディナンに向かった。
今日もバスは満員で座席も指定されている。日本人はもちろん我々家族だけだ。
ディナンでは木曜日に週一回の市が開かれ、これに併せて観光バスも毎週木曜日に催行される。


ディナン
傾いた古い民家(ビデオ画像)

ディナールを出てから約30分でディナンに到着した。バスは城壁に囲まれた旧市街のはずれで市庁舎のあるPlace Duclos Pinot 広場で我々を降ろし、1時25分まで約3時間半の自由行動となった。
先ず市が開かれているという Place du Champ 広場付近に向かった。広場はすごい賑わいでお祭りのようだ。
露店を見ていると一人の老人がニコニコしながら私に近づいてきて帽子を取り右手を差し出した。握手をすると「ディナンにようこそ。」と我々を歓迎してくれた。

ディナンの市

市は Place du Champ 広場と Place du Guesclin 広場で開かれており食料品、雑貨、骨董、移動遊園地など様々な店が所狭しと並んでいて見ているだけでも結構楽しい。
我々は Place du Champ 広場から Rue Sainte Claire 通りを東に入り Rue de l'Horloge 通り(大時計通り)にある観光案内所に向かった。 この通りにはディナンのシンボルである時計塔がある。 何百年もタイムスリップしたような趣のある塔で一見して少し傾いているのが分かる。
観光案内所で市街地図(有料15F)を手に入れ、通りの向かいにある Creperie du Theatre で昼食をとった。(真ん前が劇場なのでこの名を付けたのだろう。)
店の前ではクレープを焼くいい匂いがしている。 娘は勿論クレープで我々はムール貝のワイン蒸しを注文した。 店のウエイトレスさんに地図にこの町の見所を印してもらい、いよいよディナンの観光が始まる。

観光案内所から見た時計塔 観光案内所と時計塔
※ リンク ※
ディナン 観光案内


時計塔と古い家並み(ビデオ画像) 古い家並み(ビデオ画像)

時計塔と古い家並みが残る
Rue de l'Horloge(大時計通り)

大時計通りも大変な賑わいで土産物屋などが軒を連ねている。 その一軒一軒が趣のある古い建物なのだ。 我々は先ず大時計通りを途中で右に曲がりサン・ソヴェール通りをサン・ソヴェールバジリカ聖堂に向かった。
聖堂前の広場には現代アートのオブジェが展示されている。

再び大時計通りに戻り時計塔に登ってみる。 15世紀に建てられたこの塔は今なお毎時時を告げている。 急な木製の螺旋階段を登り詰めるとディナンの町のパノラマが広がっていた。 家々の屋根は薄い灰色で統一され、東には今見てきたサン・ソヴェールバジリカ聖堂も見える。
時計塔よりサン・ソヴェールバジリカ聖堂を望む

ディナンの散策はまだ続く。
NEXT



BACK       HOME
ヨーロッパの旅へ
画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved