ヨーロッパの旅へ(HOME)  フランスの旅へ

第7日目 平成9年8月14日(木)の続き前ページより

大時計通りは次の十字路で Rue de la Possonnerie(通り)になる。 ここを左にRue de L'Apport(通り)を行くと木骨組みの古い家がさらに続き、特に La placede Cordeliers(広場)辺りまでは素晴らしく中世の町に迷い込んだようである。

クリックすると大きな写真が見られます。

また、まっすぐ Rue de la Possonnerie(通り)に進み次の十字路を右に曲がるとガイドブックに必ず載っているRue du Jerzual(ジェルジュアル通り)である。 手工芸品の店が多く、ここも他の通りとはまた趣を異にした魅力的な通りである。 この通りは下り坂で直進すると城壁をくぐりランス川に下りることができる。 サン・マロから船でランス川を上って来た場合はここから旧市街に入ることになる。
Rue du Jerzual(通り)を逆方向に行けば La place de Cordeliers (広場)まで目と鼻の先だ。

Rue du Jerzual (ジェルジュアル通り)

Rue du Jerzual (ジェルジュアル通り)(ビデオ画像)

Rue du Jerzual (ジェルジュアル通り)(ビデオ画像)

我々家族は当初の予定ではサン・マロからランス川を遊覧船で登りディナンに来るはずだった。 片道約2時間半かかるがきっと素晴らしい船旅だと思おう。 今回はバスで来たが次回は是非遊覧船を利用してみたい。

参考までに1997年8月の遊覧船の時刻表は以下の通りでした。 潮汐に影響されるため日によって大きく異なり欠航する日もあります。現地での確認が必要です。 (ディナンから折り返しサン・マロに帰る便は省略してあります。)

8月 Départ
St-Malo
Départ
Dinan
8月 Départ
St-Malo
Départ
Dinan
1 09:15 17:30   17 09:15 -
2 09:15 17:30 18 - 09:30
3 09:15 18:30 19 09:15 -
4 09:15 - 20 - 10:30
5 - 09:30 21 09:15 -
6 09:15 - 22 - 09:30
7 - 09:30 23 09:15 13:30
8 09:15 12:30 24 09:15 14:30
9 09:15 13:30 25 10:15 15:30
10 09:15 14:30 26 12:15 16:30
11 10:15 15:30 27 13:15 17:30
12 11:15 16:30 28 14:15 17:30
13 12:15 17:30 29 08:15 17:30
14 14:15 17:30 30 09:15 17:30
15 14:15 17:30 31 09:15 17:30
16 09:15 17:30      

ディナンは素晴らしい町だった。 3時間半ほどの滞在では到底見切れるものではない。 我々が見学したのは旧市街のごく限られた地域だったが、昼食をとったレストランで主要観光スポットを聞き、地図に印をしてもらったため効率よく回ることができた。 是非また訪れたい町である。


ラットゥ要塞(エメラルド海岸) 

午後1時半、バスはさらにラットゥ要塞に向けディナンを後にした。 この海岸一帯はエメラルド海岸と呼ばれ、海は正にエメラルド色に輝いている。 要塞までは遊歩道を10分ほど歩かなければならない。 海に突き出した岩の上に建てられたこの要塞は15世紀のものだが、すでに廃墟となっている。 中央の建物の頂上には一本の鎖を頼りによじ登ることができる。 非常に狭く手摺りなどないからスリル満点で一つ間違えると転落してしまう。 ここから見るエメラルドの海はまた格別であった。
この要塞見学はかなり時間があったが、一つ困ることは要塞内は勿論次に行くフレエル岬まで何処にもトイレがないことだ。

Fort la Latte(ラットゥ要塞) ラットゥ要塞から見たエメラルド色の海

フレエル岬から見るラットゥ要塞(ビデオ画像)



フレエル岬(エメラルド海岸) 

ラットゥ要塞からフレエル岬までは近かった。 バスを降りると案の定大半の人がトイレに向かった。
正面には灯台があり上ると素晴らしいパノラマを楽しむことができる。 この辺一帯は短い草が一面に広がる草原である。 岬は絶壁になっていて海鳥が群生している。 海から突き出た大きな岩には海鳥がたくさん集まっており、それがよく見えるところに土産物屋を兼ねたレストランがポツンと建っていた。

ラットゥ要塞から見るフレエル岬(ビデオ画像) フレエル岬の灯台(ビデオ画像)
※ リンク ※
ラットゥ要塞とフレエル岬に関する情報(英語可)

Frehel et le Cap Frehel Office de Tourisme

サン・マロを起点に巡ったモン・サン・ミッシェルとブルターニュの旅もここフレエル岬で終わりを迎えた。 今度来るときはサン・マロからイギリス領のジャージ島へも行ってみた。
明日はパリに戻る。

NEXT
BACK       HOME
ヨーロッパの旅へ
画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved