ヨーロッパの旅へ(HOME)  フランスの旅へ
第4日目 平成9年8月11日(月)

朝食はホテルでは食べず、娘がクレープを食べたいと言うのでプリュムロ広場まで出かけて行く。 しかし、大半の店は準備中で店の人に聞いたところクレープは正午からのサービスとのことであった。 広場の一角のカフェのテラスでパンとコーヒーで朝食をとる。 その後市内を散策しながらホテルに戻る。

今日は午後からSNCFの観光バスでシュノンソー城とシャンボール城を見学する。 ホテルで休養しながらこれらの城の歴史などを解説した本を読む。

午後1時過ぎにホテル前のバス停に向かう。 昨日に比べ今日の参加者は多い。 運転手はまた昨日と同じ人であった。 3日間も続けて同じバスに乗ると先方も親しげに我々に話しかけてくる。 ガイドは別の女性が添乗したが車内でフランス語と英語で説明するだけで城に到着すると自由見学となる。




シュノンソー城 

始めに訪れたのはシュノンソー城であった。 バスを降りしばらく木立の中を歩いていくと庭園の向こうに水面に浮かぶ女性的で気品に溢れる城が現れる。 城の前の庭園もさほど大きくはないが美しい。

城内を見学していると我々の娘を見ながらニコニコしている子供連れの女性がいた。
「フランスの方ですか。」と尋ねると、ドイツ人とのこと。
「うちの娘は9歳ですけど、お嬢さんは何歳ですか。」と聞いてきた。
「うちは12歳です。」
「ドイツのどちらからですか?」と尋ねると、
「ブレーメンです。」
「ブレーメンには何回か行ったことがあります。」・・・・

子供同士はお互いに興味津々でニコニコしていた。
今回は時間が余りなかったのできっかけができなかったが、こんなちょっとしたことから友達はできるものだ。
城内では特に地下の台所が面白かったが、私の感想としてはこの城は内部より外観の方が素晴らしい。

クリックすると大きな写真が見られます。
シュノンソー城 シュノンソー城の庭園




シャンボール城 

その後シャンボール城に向かう。 途中シュヴェルニー城の前を通るからこの城も少しだけ見ることができる。 シャンボール城の入口は広大な庭に面した側にある。 添乗ガイドは我々を見学者入口まで案内して入場券を配り、後は自由見学となる。 この城は今まで見てきた城とは桁違いに大きい。 内部の見学も自分がどこにいるのか時々分からなくなってしまう。 最も興味深いのはやはり二重の螺旋階段だろう。 二人が互いに別々の階段を上り下りしても決してすれ違うことがない。 娘もこの階段が気に入り何度も行ったり来たりしていた。
個人的感想としては、この巨大な城は男性的でゴツく優雅さは全く感じられない。 デザイン的にも今まで見てきたどの城と比べても良いとは言えない。

シャンボール城(ビデオ画像)

シャンボール城
どこかで見たような写真
5.シャンボール城に関する情報(フランス語)

「二重の螺旋階段」(ビデオ画像)

3日間かけて観光したロワールの古城巡りもシャンボール城で終わりである。
午後7時バスはまたトゥールに戻ってきた。 最後に3日間お世話になった運転手さんに礼を言った。

「これで終わりですか。」
「はい。」
「次はどこに行くの?」
「サン・マロに行きます。」
「今晩発つの?」
「いえ、明日の朝です。」
「サン・マロはいいところだ。 モン・サン・ミッシェルも近い。 良い旅を!」
「ありがとうございました。」
我々はこう言って別れた。




NEXT
BACK        HOME

ヨーロッパの旅へ


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved