ヨーロッパの旅へ(HOME)  フランスの旅へ
第3日目 平成9年8月10日(日)
古城巡り
今日はSNCFの観光バスでトゥール西側の古城を一日かけて観光する。 9時15分、昨晩同様ホテル前の6番バス乗り場から出発する。 運転手さんは昨晩と同じ人で、ガイドとして中年の小柄な女性が添乗した。

本日の参加者は我々三人のほか
  • 一人旅の二十代の日本人OL(明日の夜行列車でミュンヘンに行きフュッセン、ロマンチック街道を十日間旅行するとのこと。)
  • 二十代の日本人女性三人組
  • 昨晩も一緒だった台湾人の女性二人・男性一人のグループ(他の参加者とはほとんど話さず常に三人で固まっている。)
  • 若い内気なイタリア人夫婦(英語もフランス語も分からない。 ローマから来たとのこと。)
  • スペイン人の親子(母親は参加者中唯一フランス語が堪能なので盛んにガイドに質問する。 息子と娘は言葉が分からないのでおとなしい。)
  • イギリス人の年輩夫婦(奥さんは髪をソフトアイスクリームのように巻き上げいるのでよく目立つが、旦那さんはおとなしく目立たない。)

    以上17人が今日一日行動をともにする。


ランジェ城 
まず最初に向かったのがランジェ城であった。 この城の辺りはいかにも昔城下町であったことを伺わせる風情がある。 この小さな城はフランス王シャルル8世とアンヌ・ドゥ・ブルターニュが華燭の典をあげたことで有名だ。 城内にはその場面を再現した部屋がある。 観光はガイドが入場券を配り集合時間を連絡した後自由に城内を見て回る。 ガイドの説明はないが各国語に翻訳された説明書を貸してくれる。 残念ながら日本語の説明書はない。 比較的ゆっくり見学でき城の周りも散策できた。
ランジェ城

アンヌ・ドゥ・ブルターニュの結婚場面(ビデオ画像)

ランジェ城

ランジェ城の庭より


ユセ城 
次の目的地ユセ城には3、40分で到着した。
ユセ城はシャルル・ペローの童話「眠れる森の美女」のモデルになったことで名高い。 城内には童話の各場面を再現した展示もある。 外観はいかにも童話の世界を思い起こさせるロマンチックなものだ。 ここでは添乗したガイドが城内を英語とフランス語で説明してくれたが、その外観とは裏腹に内部は殺風景でこれと言って見るべきものはない。 またここは交通の便がかなり悪そうで、我々のように観光バスで訪れるのが最良唯一の手段かもしれない。
ユセ城

「眠れる森の美女」の一場面(ビデオ画像)

ユセ城

ユセ城(ビデオ画像)

その後、ジャンヌダルクがシャルル7世に謁見する舞台となったシノンの町に向かった。
※ このページに関連するリンク ※
1.トゥール観光局(英語可)
2.トゥール観光情報(日本語)
3.ロワールの古城観光情報(日本語)
4.古城巡り観光バスの情報(英語)
5. ランジェの情報(英語可)


NEXT
次のページへ
BACK      HOME
ヨーロッパの旅へ


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved