ヨーロッパの旅へ(HOME)  フランスの旅へ
第1日目 平成9年8月8日(金)

11:30発 JAL405便で成田を出発する。 予約の際最前列を指定したが実際は前から2番目の席であった。 以前北欧に行った時もSASのユーロクラスで座席を指定したがこの時も指定とは違う席であった。 予約の際の座席指定は有名無実なのかもしれない。

余談だが、私は個人旅行をするときは荷物は全部手荷物にし機内には預けない。 万一、手違いで荷物が出てこないと予定が全部狂ってしまうからだ。 だから、私も家内も娘も荷物は最小限であったが特段不便は感じなかった。

パリシャルルドゴール空港からトゥールへ
定刻16:55にパリシャルルドゴール空港に到着し無事フランスに入国した。
空港からは隣接する空港駅発のTGVでさらにトゥールまで行く。 空港駅へはゆっくり歩いても10分ほどだ。 先ず、駅のカウンターでフランスバカンスパスに日付を記入してもらう。TGVの予約は万一満席で乗れなかったら困るのでGIOクラブで予約しておいた。 一時間少々の待ち時間の間カフェで軽食をとり18:55発のTGVに乗り込む。

「TGVでトゥールに行く」と言ってもトゥール駅に止まるわけではなく郊外のSt Pierre des Corps 駅で連絡用の列車に乗換えなければならない。 予定では20:54トゥールに到着できるはずだ。 座席は一応一等車なのに日本の新幹線に比べると随分狭く窮屈である。

予定通り20:41 St Pierre des Corps 駅に到着した。乗り換えの列車が出るホームを調べていたら、やはり我々と同じTGVで到着し、トゥールに行くアメリカ人と出会った。 ここで彼らに列車を尋ねたのが間違えだった。 彼らはいかにも判ったように「一緒に行こう」と誘ってくれ、我々は疑いもなく別のホームに停車している列車に乗り込んで出発を待った。 これで一安心と思ったが、念のため別の人に確認してみたところその列車は全く反対方向に行くとのこと。 あわてて列車を降り駅の係員に尋ね、別のホームに走っていったがちょうどドアが閉まったところでゆっくり動き始めていた。 駅の係員も一瞬列車を止めようとしてくれたが次の瞬間肩をすぼめ「もうだめです。」とつれない返事。

とっさに私は「タクシーがあるかもしれない。」と思い、駅の構内を駆け抜け駅前に出た。 そこには我々を待っていたかのように一台のタクシーが止まっていた。トゥールのホテルへは12,3分で到着した。 運転手さんに礼を言いチップ込みで70フラン支払った。別れ際「トゥールへようこそ。 良い旅行を!」と我々を歓迎してくれった。ホテル「グランド」はトゥール駅の真ん前で部屋は駅前広場に面した広い部屋であった。 早速風呂に入り就寝。明日はゆっくり起きれば良い。それにしても、あのアメリカ人夫婦はあれからどうなったのだろうか。

教訓:人を迂闊に信用せず、自分で確かめること。


第2日目 平成9年8月9日(土)
トゥール
朝5時前から娘が時差ぼけで起きてしまい寝かせてくれない。 7時半に朝食をとり9時に古城巡りの観光バスの予約をしにトゥール駅構内の案内所へ行く。 今日の夜と明日と明後日の3日分のチケットを購入する。(JCBのカードは使えない)さらに国鉄の窓口で12日と15日のTGVを予約する。
トゥール駅(ビデオ画像)

古城観光バスのパンフレット 観光バスのチケット
今日の日中の予定はトゥールの市内散策である。 駅前広場を挟んだ向かいの観光案内所で市内地図をもらい、まずサンガティアン大聖堂を目指す。 途中トゥール美術館を見学したが結構見応えがある。 また、美術館の前庭は素晴らしく特にレバノン杉の大木は見事であった。
トゥール美術館の前庭

サンガティアン大聖堂(ビデオ画像)

プリュムロー広場

サンガティアン大聖堂を見学後プリュムロー広場まで行き昼食後ホテルに戻る。 今夜はアンボワーズ城の「音と光のショー」を見に行くので帰りは零時過ぎになる。 まだ3時前だというのに全員で仮眠することにした。

アンボワーズ城の音と光のショー
夕食は市内で買ったピザやパンをホテルの部屋で食べ、午後9時20分ホテル前のバス6番乗り場に向かう。 すでに何人か来ていたがほとんどが日本人であった。結局この日の参加者は19人で、女性二人男性一人の台湾人グループ以外全部日本人であった。 アンボワーズの町には30分ほどで到着した。 バスは川岸の駐車場に止まり運転手さんがフランス語で説明を始めた。英語で質問した者がいたがフランス語しか判らないようであった。 要するに、「これから城まで一緒に行き席まで案内するからショーが終わったらこの場所まで自分で戻って来て下さい。 全員が帰ってきたらトゥールに戻ります。 迷子にならないよう道を良く覚えておいて下さい。」ということであった。
アンボワーズ城前の賑わい(ビデオ画像)
クリックすると大きな写真が見られます。
アンボワーズ城の音と光のショー アンボワーズ城の音と光のショー(ビデオ画像)

出演者達(ひげの男性はレオナルド・ダビンチ役)

賑やかな通りを抜け城までは6、7分で到着したが、既にかなりの人が並んでいた。 席は仮設で階段状に組んだもので狭い。ショーは城をバックに城にまつわる物語が音楽と照明を巧みに利用して繰り広げられる。 まさに「音と光のショー」である。0時前にショーは終了したが、席から降りるのが一苦労で随分かかってしまった。観客はすぐには帰らず出演者と記念撮影をしてから帰る。 城門は狭くいっぺんに大勢の人が出ようとするので城から出るまで予想以上に時間がかかってしまった。

バスが出発したのは0時20分頃であったが、参加者の中にこれから0時35分発の夜行列車でバルセロナへ行く一人旅の男性がいてバスはかなりのスピードでトゥールに向かった。 男性がバスを降りたとき0時33分であった。 血相を変えて駅に走っていったが多分間に合わなかったのではないか。

※ このページに関連するリンク ※
1.トゥール観光局(英語可)
2.トゥール観光情報(日本語)
3.ロワールの古城観光情報(日本語)
4.SNCF観光バスの情報(英語)
5.アンボワーズの情報(英語可)


NEXT
次のページへ
BACK      HOME
ヨーロッパの旅へ


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved