ブロンプトン・セント・トーマス教会

 

ブロンプトン・セント・トーマス教会

St Thomas' Church, Brompton

セント・トーマス教会(ブロンプトン)
ブロンプトン・セント・トーマス教会

大聖堂で有名なダラムから約70km南下した小さな町ブロンプトンにあるセント・トーマス教会にやって来ました。

 

 


 

ブロンプトン・セント・トーマス教会 (外観)

セント・トーマス教会(ブロンプトン) セント・トーマス教会(ブロンプトン)
ブロンプトン・セント・トーマス教会 ブロンプトン・セント・トーマス教会

ブロンプトンのセント・トーマス教会の歴史は少なくとも1000年前に遡ります。現在の身廊部分は初期のアングロサクソン教会の跡に建てられているそうです。入口のある塔は15世紀のものです。

セント・トーマス教会(ブロンプトン)
ブロンプトン・セント・トーマス教会(南側)

 

セント・トーマス教会(ブロンプトン) セント・トーマス教会(ブロンプトン)
ブロンプトン・セント・トーマス教会のポーチ ブロンプトン・セント・トーマス教会のポーチ

 


 

ブロンプトン・セント・トーマス教会 内部

 

内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会) 身廊北の列柱(ブロンプトン・セント・トーマス教会)
内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会) 身廊北の列柱(ブロンプトン・セント・トーマス教会)

セント・トーマス教会の堂内に入ってきました。身廊北側のアーチの連なる列柱は12世紀のものです。これにより北側にだけ側廊があります。昨日訪れたジャロー・セントポール教会と同じです。

内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会) 内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会)
内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会) 内陣(ブロンプトン・セント・トーマス教会)

内陣の祭壇中央に置かれた「最後の晩餐」の像は彫刻家 Frank Roper による1965年の作品です。

内陣の『最後の晩餐』像
内陣の『最後の晩餐』像

 

 

ホグバック ( Hogbacks )

 

ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会) ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会)
ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会) ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会)

 

1867年に内陣を建て直したとき基礎部分から11基のホグバック( Hogback ) と9基の石の十字架が発見されました。これらの一部が内陣手前に展示されています。
これらのホグバックは10世紀から12世紀頃のイングランドやスコットランドに見られるアングロ・スカンジナヴィアの墓石ですが、まだ謎が多いようです。この教会のホグバックは両端に熊が彫られ轡(くつわ)をしているものもいます。これは死者を護り、また、戦士の霊を象徴するものではないかとされています。
なぜこれらの墓石をホグバックと言うかはその形から由来します。Hogback は「豚の背中」と言う意味です。この教会以外のホグバックを見ると判ります。
Hogback を辞書を引くと「両側が傾斜したサクソン・スカンジナヴィアの墓」と書いてありました。ヴァイキングの影響が強いもののようです。

 

ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会) ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会)
ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会) ホグバック(ブロンプトン・セント・トーマス教会)

 

 

石の十字架

 

石の十字架(ブロンプトン・セント・トーマス教会) 石の十字架(ブロンプトン・セント・トーマス教会)
石の十字架 石の十字架

これら石の十字架もホグバックと同時代のものです。絡み合う模様の下の部分には盾が描かれ、その中の三つの結び目は「三位一体」を象徴しています。

 

 

The "Cock Shaft" cross stump, Brompton church

 

コックシャフトの天使像 コックシャフトの鳥のパネル
コックシャフトの天使像 コックシャフトの鳥のパネル

 

これも9世紀頃の十字架の柱部分です。「コックシャフト」と呼ばれています。一面には天使が描かれ、その裏面には三つのパネルに分け、上二つに鳥(雄鳥)、下には人に擬した甲虫が戦っているように見えます。
コックシャフトと呼ばれている理由は描かれている鳥によるものです。聖書の箇所を引用します。最後の晩餐とその翌日の場面です。

 

『するとペテロはイエスに答えて言った、「たとい、みんなの者があなたにつまずいても、わたしは決してつまずきません」。 イエスは言われた、「よくあなたに言っておく。今夜、鶏が鳴く前に、あなたは三度わたしを知らないというだろう」。ペテロは言った、「たといあなたと一緒に死なねばならなくなっても、あなたを知らないなどとは、決して申しません」。弟子たちもみな同じように言った。』 
( マタイによる福音書26章33節-36節)
 


『しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。 彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。するとすぐ鶏が鳴いた。ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。 』
(マタイによる福音書26章73節-75節)

 

ちょっとこじつけのような気もしますが、教会の説明パネルにはそう記されていました。

なお、コックシャフトの上の部分はダラム大聖堂に保管されているそうです。

石の十字架断片 細長い十字架が彫られた石板
石の十字架断片 細長い十字架が彫られた石板
ブロンプトン・セント・トーマス教会の洗礼盤
ブロンプトン・セント・トーマス教会の洗礼盤

 


 

ブロンプトン・セント・トーマス教会の境内入り口 ブロンプトン・セント・トーマス教会前のバス停
ブロンプトン・セント・トーマス教会の境内入り口 ブロンプトン・セント・トーマス教会前のバス停

 

ブロンプトン・セント・トーマス教会の公式サイト

 

次はリポン郊外のファウンテンズ・アビー(Fountains Abbey)へ向かいます。

 

このページのトップへ