エスコーム・サクソン教会

 

エスコーム・サクソン教会 Escomb Saxon Church

 

エスコーム・サクソン教会(境内入り口)
エスコーム・サクソン教会(境内入り口)

 

 

エスコーム・サクソン教会(境内入り口付近) 教会前のレストラン
エスコーム・サクソン教会(境内入り口付近)   教会前のレストラン

 


 

外観 (正面南側)

エスコーム・サクソン教会(正面南側) エスコーム・サクソン教会(正面南ポーチ)
エスコーム・サクソン教会(正面南側) エスコーム・サクソン教会(正面南ポーチ)

 

エスコーム・サクソン教会はイギリスで最も古いアングロ・サクソン時代の教会です。670年頃、ここからほど近いビンチェスターのローマ人要塞跡の石材を利用して建てられたそうです。非常に小さな教会で横幅の外寸は 18.4m、奥行きは5.9mしかありません。

 

エスコーム・サクソン教会(ポーチ上部の十字架と日時計) エスコーム・サクソン教会 ポーチ(南側)
エスコーム・サクソン教会(ポーチ上部の十字架と日時計) エスコーム・サクソン教会 ポーチ(南側)

 

境内に入ると小道が教会のポーチへと続いています。このポーチは中世の補築で教会の外壁とは明らかに異なる不揃いな石材が使用されています。
当時、結婚式や話し合いは教会内ではなく扉の前で行われるのが 一般的であったためポーチが作られたそうです。その上部には大理石の十字架と17世紀の日時計が置かれています。

ポーチ上部の十字架 ポーチ上部の十字架と日時計 ポーチ上部の日時計 (17C)
ポーチ上部の十字架 ポーチ上部の十字架と日時計 ポーチ上部の日時計 (17C)

 

 

エスコーム・サクソン教会(正面南側)と日時計 エスコーム・サクソン教会(正面南側)の日時計
エスコーム・サクソン教会(正面南側)と日時計 南面外壁の日時計 (7C)

教会の南壁面に古い日時計があります。これは7世紀ないし8世紀初頭に作られたもので建設の際この場所に設置されたそうです。イギリスで当時の様子を伝える最も初期のアングロサクソンの日時計とされています。 三本のラインは修道士が日中に祈りを捧げる三つの時間、すなわち、三時課(Terce 午前9時)、六時課(Sext 正午)、 九時課(None 午後3時)をあらわしています。

 

エスコーム・サクソン教会 と 境内の墓碑 エスコーム・サクソン教会 と 境内の墓碑
エスコーム・サクソン教会 と 境内の墓碑 エスコーム・サクソン教会 と 境内の墓碑

 

 

外観 (東・北・西側)

エスコーム・サクソン教会 東側 エスコーム・サクソン教会 北側
エスコーム・サクソン教会 東側 エスコーム・サクソン教会 北側

 

教会に使用されている石材にはローマ人特有の模様が多く見られます。また、南側には「第六軍団」を意味する「LEG VI」と刻まれた石があります。ビンチェスターのローマ人要塞跡から運ばれた石であることが判ります。

エスコーム・サクソン教会 北側 エスコーム・サクソン教会 北側の入口跡
エスコーム・サクソン教会 北側 エスコーム・サクソン教会 北側の入口跡
エスコーム・サクソン教会 平面図
エスコーム・サクソン教会 平面図 (Plan of Escomb Saxon Church)

上の平面図でも判るように西側と内陣北側にも部屋がありました。外壁にはその跡がはっきり残っています。平面図の右上の写真は内陣北の開口部を塞いだ跡です。また、下の写真は西側の外壁ですが、上部の小窓のすぐ下のハの字型の跡は嘗て低い屋根の部屋があったことを示しています。

 

エスコーム・サクソン教会 西側 エスコーム・サクソン教会 西側
エスコーム・サクソン教会 西側 エスコーム・サクソン教会 西側

 

エスコーム・サクソン教会 境内の墓碑

境内の墓石 境内の墓石 境内の墓石
1703年の墓石 1729年の墓石 境内の墓石

ポーチの前には興味深い二つの古い墓石があります。1703年の墓石(左)には木の葉、砂時計、バラそして骸骨と交叉する骨が彫られています。 これらはそれぞれ「生命の木」、「人間の一生」、「教会」、「復活」を象徴しています。 1729年の墓石(中央)には骸骨と交叉する骨が彫られ、その下にはラテン語で「主の光の中で死んだ者は祝福される」と記されています。

 


 

エスコーム・サクソン教会 内部 Escomb Saxon Church

 

エスコーム・サクソン教会(内部 西から祭壇東方向)
エスコーム・サクソン教会(内部 西から祭壇東方向)

 

エスコーム・サクソン教会の内部は非常にシンプルです。単身廊で側廊はありません。

エスコーム・サクソン教会(内部 東方向) エスコーム・サクソン教会 天井
エスコーム・サクソン教会(内部 東方向) エスコーム・サクソン教会 天井
エスコーム・サクソン教会(内部 東から西方向) エスコーム・サクソン教会(内部 東から西方向)
エスコーム・サクソン教会(内部 東から西方向) エスコーム・サクソン教会(内部 東から西方向)

 

エスコーム・サクソン教会 内陣

エスコーム・サクソン教会(内部 西から祭壇東方向)
エスコーム・サクソン教会(内部 西から祭壇東方向)

身廊と内陣の間には石のアーチが設けられています。このアーチはその技術的特徴からエスコームの北東3~4㎞ほどのところにあるビンチェスターノのローマ人要塞跡から移築再利用したと考えられています。

エスコーム・サクソン教会(内陣入口アーチのフレスコ画) エスコーム・サクソン教会(内陣入口アーチのフレスコ画)
エスコーム・サクソン教会(内陣入口のアーチ) エスコーム・サクソン教会(内陣入口アーチのフレスコ画)

堂内の壁は外壁同様、漆喰が塗られフレスコ画で覆われていました。 現在は内陣入口のアーチに赤色の模様が見られるほかは、北側の壁でわずかに確認できるのみです。 この教会は20世紀前半に荒廃し屋根がなかった時期があり、多くのフレスコ画が失われたそうです。

エスコーム・サクソン教会(内陣祭壇) 内陣祭壇のサクソンの十字架
エスコーム・サクソン教会(内陣祭壇) 内陣祭壇の十字架

 

 

エスコーム・サクソン教会(堂内西の洗礼盤)

堂内西の洗礼盤 堂内西の洗礼盤 サクソンの十字架(断片)
堂内西の洗礼盤 堂内西の洗礼盤 サクソンの十字架(断片)

堂内の西側に古い八角形の洗礼盤があります。盤、台、基礎はそれぞれ異なる砂岩でできています。制作年代を特定することは難しいようですが、13世紀にヨークの大司教が聖水の盗難防止のため洗礼盤に蓋をかけ施錠するよう命じているそうです。この洗礼盤内には鉛の小片が確認でき、また盤の破損箇所から嘗て蓋があり施錠されていたことが推測できます。このことから少なくとも700年前のものであり、おそらくそれよりずっと古いものと思われます。(と堂内の説明書に書いてありました。)

エスコーム・サクソン教会の公式サイト

 

次はニューカッスル郊外のジャロー・セントポール教会(Jarrow St Paul's Church)へ向かいます。

 

このページのトップへ