HOME
ヨーロッパの旅へ
UPPSALA
ウプサラ
ガムラ・ウプサラへ
スウェーデンの旅へ


ストックホルム滞在の最終日にウプサラを訪れた。 ウプサラというよりガムラ・ウプサラ(Gamla Uppsala)を訪れるのが本当の目的だ。
ストックホルム駅を9時13分発のモーラ行きの電車に乗り9時53分にウプサラに到着した。
寒い! スウェーデンに来てからずっと快晴で暑い日が続いていたが今日はやけに肌寒い。
駅舎を後にして先ずウプサラ大聖堂に向かった。

ウプサラ駅(ビデオ画像)

ウプサラ大聖堂へ(ビデオ画像)

ウプサラ大聖堂(ビデオ画像) ウプサラ大聖堂(ビデオ画像)

ウプサラ大聖堂正面(ビデオ画像) ウプサラ大聖堂の入口(ビデオ画像)

ウプサラ大聖堂は北欧最大の教会だ。 しかし、その外観は装飾が少なくちょっと拍子抜けしてしまう。
大聖堂内部に入ると16世紀にスウェーデンを独立させたグスタフ・ヴァーサ王と后が石棺に眠っている。 内部の印象としては装飾が少なく寒々しい感じがする。 全体としてそれほど古い建物ではないというのが第一印象である。 説明を読むとその歴史は古いが1702年の大火で一度焼失しており、現在の姿に復元されたのは19世紀後半のことだそうだ。

大聖堂内(ビデオ画像) グスタフ・ヴァーサ王と后の石棺(ビデオ画像)

大聖堂の天井(ビデオ画像) ステンドグラス(ビデオ画像)

堂内の絵(ビデオ画像) 堂内の絵(ビデオ画像)

大聖堂の見学後郊外のガムラ・ウプサラ(旧ウプサラ)に向かった。

ガムラ・ウプサラ(旧ウプサラ)へ
(NEXT)



※ このページに関連するリンク ※
1. Uppsala Tourism(ウプサラの情報)英語
2. ウプサラ大聖堂のホームページ(英語可)


スウェーデンの旅へ
ヨーロッパの旅へ
HOME

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved