ヨーロッパの旅へ(HOME)  

第7日目 平成11年8月14日(土曜日)の続き(前ページより)

 ポンフェラーダ 
14時55分ポンフェラーダに到着。 標高543メートル、人口6万人の小さな町だ。 この町のはずれの川を見下ろす高台にテンプル騎士団の城塞跡がある。 抜けるような青空と白い雲をバックに映える城塞跡は多分日本人が思い浮かべる中世の城塞そのものだ。 中には入れないので外観のみの観光だが非常に印象深かった。 その後小休止のため城塞脇の坂を上りひなびた広場のカフェに入る。 坂の途中に観光案内所があったから多分このあたりが旧市街なのだろうが観光客は我々以外にはいなかった。 他の人たちが休んでいる間付近を散策してみたが、古い教会があり、細い路地を入っていくと昔の家並みが見られ、その一角には博物館もあった。

ポンフェラーダ城 ポンフェラーダ城

ポンフェラーダの古い家並み



 ビヤフランカ・デル・ビエルソ 
本日の宿泊地ビヤフランカ・デル・ビエルソには直に到着した。
かつて巡礼路の町として栄えたところで巡礼者はこの地まで来れば途中で脱落してサンティアゴまで行けなくても神に許されると信じられていた。 かなりの標高がありそうな山の村で辺りには何もない。 添乗員さんに訊いても見るべきものは何もないという。 このパラドールは今回の旅で一番小さく唯一三つ星であるが、今までとは違った風情がある。 部屋はびっくりするほど狭く床もきしみそうである。 冷房など無く、山の上とは言っても窓を閉めてしまうと暑いので明けておくと小さな虫が入ってくる。 しかし浴室は綺麗で十分なスペースである。 早い到着で夕食まで4時間余りあるので先ず風呂に入るが窓から遙か向こうの山々と青空が見渡せる。
ビヤフランカのパラドール(ビデオ画像)

その後付近の散策に出かける。 とは言ってもどっちに行っていいのか皆目見当がつかない。 パラドール前の細い道を登っていくと、向こうに古い大きな建物の屋根が見えてきた。 5分ほど歩くとビヤフランカ城があった。 もちろん内部には入れずその所以も判らないが大発見である。
ビアフランカ城

さらにその向かいの細い道を登っていくと小さな古い教会があった。 意外にもここは巡礼者が立ち寄るサンティアゴ教会であった。 場違いな日本人の私に「オラ」と親しげに声を掛けてくる。 「オラ」とはスペイン語で「やあ」とか「こんにちは」と言った意味である。 教会の脇には簡単な休憩場所があり、その奥には宿泊所もありそうである。 向こうの低い丘には大きな教会も見える。
巡礼者が立ち寄るサンティアゴ教会

サンティアゴ教会を後ろから見たところ

城の前まで戻り、来た道とは別の坂を下っていくと昔ながらの家並みがあり、中には傾いて今にも倒れそうなものもある。 坂を下り終え古い石橋を渡りパラドールの方角へ戻って行った。

セブレイロ峠を越え聖地サンティアゴへ
NEXT




スペインのメインに戻る 
ヨーロッパの旅へ
HOME


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved