ヨーロッパの旅へ(HOME)  
第6日目 平成11年8月13日(金曜日)の続き(前ページより)
16時20分 レオンに到着。北上して来た「銀の道」はここで終点を迎えることになる。 レオンはベルネスガ川のほとりに開けた町で旧レオン王国の首都であった。 
人口は147,600人ほどであるが大きな町である。

■ レオンの観光 
バスはサントドミンゴ広場で我々を降ろし、ここから徒歩による市内観光が始まった。 この広場の正面には19世紀後半に建てられたガウディー作のカサ・デ・ロス・ボティーネスという建物があり現在は銀行として使われている。 バルセロナ以外でガウディーの建物は珍しいそうだ。

カサ・デ・ロス・ボティーネス

にぎやかな商店街を抜けるとレオン大聖堂の威容が現れる。 大聖堂は右の半分が改修中のため覆いがかかって見えない。 この大聖堂は数日前サラマンカのパラドールでそのミニチュアを買い求めているので一層興味深い。 前の広場は観光客でごった返している。 ガイドのルルドスさんと落ち合い観光が始まった。

レオン大聖堂

レオン大聖堂の正面 レオン大聖堂入口の彫刻

大聖堂内部 レオン大聖堂の置物

 レオン大聖堂 
レオン大聖堂は13世紀半ばから14世紀に掛けてフレンチゴシックの影響を強く受けて建築されたが、大聖堂が建てられる遙か昔の2世紀にはローマ浴場がこの場所にあったという。10世紀にはオルドニュー2世の宮殿が建てられ、10世紀後半に小さな教会が建てられた。その後11世紀から12世紀に掛けロマネスクのカテドラルが建築され13世紀に現在の姿となった。

正面は三つのポルタイユに分かれており、それぞれの間をゴシック様式の特徴である「フライングバットレス」が支え合っている。 この点でフレンチゴシックとも異なるスペインらしさが見られる。 正面ファサードは真ん中の柱に白い聖母マリア像がひときわ大きく掘り出されている。ただし、これはコピーでオリジナルは後陣礼拝堂に安置されている。 また、聖ヤコブ(サンチャゴ)の像は巡礼者が触れて行くのでかなりすり減っている。 上部の最後の審判の彫刻は幸いなる者と見放された者とが対比して表現されている。 

この下を通り内部の見学が始まる。先ず圧倒されるのはステンドグラスの数と見事さである。ステンドグラスはゴシック式のもので総面積は2000uあるそうだ。 これは壁の石造部分よりも広いと言うからいかにステンドグラスが多いかが判る。

ステンドグラスは上中下の三段で構成されており、一番下の段は、植物、小動物、一般人から、真ん中の段は裕福な人々、そして、最上段の高窓は新・旧約聖書からそれぞれ題材を採っている。 また、北側のステンドグラスは旧約聖書から題材を集めているが、イエスキリスト以前の暗い時代を象徴してブルーなどの暗い色が多用されている。これと対照的に南側のそれは新約聖書からの題材のものでキリスト後の明るい時代を象徴して鮮やかな色が多用されている。 そして、これらが太陽の動きに伴い刻々とその色合いを変化させていく。


更に、中程の聖職者席を見学するが、なぜかここの見学だけ有料であった。主祭壇画は15世紀のものでニコラス・フランセスの作。 また、ここにはレオン最初の王であるオルドーニュ2世の墓がある。
大聖堂の見学を終え、最後の見学場所であるサン・イシドロ寺院に向かう。

レオンのサン・イシドロ寺院 
細い裏道を通り視界が開けた広場の向こうにサン・イシドロ寺院があった。
この寺院は12世紀にセビリアの大司教であったサン・イシドロに捧げるために建てられた。 外観はあまり装飾は施されていないがかなり古そうな寺院である。 正面のファサードは「アブラハムによるイサクの犠牲」が描かれており、聖書からの主題がファサードにデザインされた初めての例だそうだ。 その上にはイスラムを撃退するサン・イシドロの騎馬像が描かれている。 内部はロマネスクからゴシックに掛けての各様式が見られ、祭壇中央の銀の聖遺物箱にはサン・イシドロの遺骨が納められている。

サン・イシドロ寺院

サン・イシドロ寺院入口

続いて付属の教区内美術館を見学する。 ここは今回の旅で是非見たいところの一つであった。 ここにはロマネスク美術のシスティーナ礼拝堂として知られるパンテオンがある。 レオンの王、王妃、王子、王女たちの霊廟である。 そして、その天井には色鮮やかなロマネスク美術の傑作とされるフレスコ画が残されている。 天井画と言っても非常に低い天井であるから間近に見ることができる。 新約聖書の中の9つの場面がロマネスク特有の素朴な表現で描かれており、その一つ一つのガイドの説明に耳を傾けているうちに太古の昔に迷い込んだ錯覚さえ感じる。 また、一つのアーチには四季折々の仕事を表す月暦が描かれ当時の生活ぶりが窺える。 この素晴らしい天井画だが参加者の多くは夕方からの2時間あまりの観光で疲労が頂点に達したとみえ感動していたのは私だけだったのかもしれない。
   サン・イシドロ寺院パンテオンの入場券

 レオンのパラドール「サン・マルコス」 
全員が疲労困憊の様を呈し本日の宿泊場所であるレオンのパラドールで五つ星の最高級ホテル「サン・マルコス」へ向かう。 このパラドールはサンティアゴ巡礼者の救護院として開放されていた修道院で正面のプラテレスコ様式の玄関が見事である。(写真) 建物の前はかなり大きな広場になっておりこのパラドール自体が観光名所にもなっている。


サン・マルコス内部(ビデオ画像)

夕食は当パラドールのレストランであった。 ピアノの生演奏があり11時過ぎまでゆっくり食事をし、部屋に戻る前に玄関を出てライトアップされた建物の前で記念撮影をする。 なお、私の感想では建物は確かに立派で内装も素晴らしいが、部屋は特段のことはなくむしろ他のパラドールの方が素晴らしい。 翌日判ったのだが我々が宿泊した棟は増築された新しい建物であった。

レオンのパラドール正面
旧サン・マルコス修道院


旅はサンティアゴ巡礼街道を辿りアストルガへと続く
NEXT



スペインのメインに戻る 
ヨーロッパの旅へ
HOME


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved