Nr.1/2 ROTHENBURG ob der TAUBER
ローテンブルク
HOME
ドイツの旅へ
次のページへ


息を切らせてレーダー門をくぐり、マルクト広場に続く一本道を走って行った。突然視界が開け広場に集まった群衆が目に入ったとき午後一時の鐘が鳴った。 全員が一角にある宴会館の時計の両脇にある小窓に視線を集中していた。
次の瞬間両窓が開き、右に老市長ヌッシュ、左に将軍ティリーの仕掛け人形が現れた。 将軍がラッパを吹くとそれに答えて老市長は手にした大杯を口に傾けた。
これがローテンブルク名物「マイスタートゥルンクの仕掛け時計」である。

1631年10月30日、時あたかも三十年戦争の真っ最中、新教側についたローテンブルクは、旧教側皇帝軍の将軍ティリー率いる大軍に包囲され、ついに抵抗むなしく陥落し、町は破壊され市参議院たちは首をはねられる運命となった。
翌日、町の食料品保管主任をしていた一人の男が歓迎の意を込め将軍に大杯のフランケンワインを差し出した。その見事なワインを味わううちに将軍は一つの難題を思いつく。

「もしこの大杯のワインを一気に飲み干す者がいたら全てを許してやろう。」

この難題を受けて立ったのが老市長ヌッシュであった。かれは町の運命と自らの命を懸け約3リットルものワインを十分間で飲み干してしまった。 将軍はこの老市長の心意気に感じ入り、町の破壊と斬首を取り止めたのである。
町を救った老市長はその後三日間眠り続けたものの八十歳まで長生きしたそうだ。

マイスタートゥルンクの仕掛け時計はこの故事に由来するものなのだ。
この話の真偽はさておきローテンブルクには中世ドイツの面影が色濃く残っている。 私もこの町に魅せられ以後二回訪れている。

ローテンブルク市庁舎(左)と宴会館(右) マルクト広場とローテンブルク市庁舎



今朝ニュルンベルクを発ち、昼過ぎにここローテンブルクに着いた。 途中乗り換えでドンビュールという小さな駅で小一時間待たされたから予想以上に到着が遅れてしまった。
今では日本人観光客で溢れるここローテンブルクも私が初めて訪れたときは日本人は一人も見かけなかった。 今では信じられないことだがちょっと前まではそんなだったのだ。
城壁に囲まれた町の中心マルクト広場に建つ市庁舎は広場側のルネサンス様式の部分(16世紀)とその後方のゴシック様式の部分(13世紀)からなる。 ゴシック様式の部分には高さ60メートルの塔が切妻の壁からそびえている。そこからは城壁に囲まれた町の様子が良くわかる。
市庁舎正面テラスより
狭い急な階段を上り塔上のテラスに出ると素晴らしいパノラマが広がっている。

市庁舎の塔上からからタウバー渓谷を望む
市庁舎横の一番広い通りヘルンガッセ(Die Herrngasse)の両側には堂々とした都市貴族の館が建ち並んでいるのがわかる。(上写真)
また、この通りには「クリスマスの店」で知られる「ケーテ・ヴォールファートゥ」がある。 店内は広く一年中クリスマスのようだ。 なお、鎌倉の小町通にあるビルの二階にもこの支店がある。
市庁舎の塔上から聖ヤコブ教会を望む
市庁舎の直ぐ隣、宴会館の後方には聖ヤコブ教会が見える。 塔から降りあそこに行ってみよう。
聖ヤコブ教会内陣
内陣には15世紀に作られた十二使徒の主祭壇がある。 キリストの磔刑像の左下にはマリア、ヤコブ、エリザベス、右下にはヨハネス、レオンハード、アントニウスが並ぶ。
十二使徒の祭壇(聖ヤコブ教会)

ローテンブルクの観光はまだ続く
(NEXT)



※ このページに関連するリンク ※
1. ローテンブルクのホームページ(英語可)
2. ローテンブルクの観光情報
3. ロマンティック街道とローテンブルクの観光情報
4. 「ケーテ・ヴォールファートゥ」のホームページ
2005/11 2001年5月
HOME | ドイツの旅へ | NEXT

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved