(NR.1/4)
HOME
ヨーロッパの旅へ
Gotland
VISBY

スウェーデンの旅へ
次のページへ
ヴィスビー (1)


私がバルト海に浮かぶゴットランド島とその中心都市ヴィスビーのことを知ったのはもう随分前のことだ。 本土から90q沖のバルト海に浮かぶこの島はスウェーデン最大の島である。 12から13世紀にかけハンザ同盟の貿易港として最盛期を迎え、多くの教会が建てられた。 しかし、14世紀にデンマークに征服され衰退の一途をたどり、現在多くの教会が廃墟となって残っている。
以下は1991年7月に一人でスウェーデン各地を旅行した際にストックホルムから日帰りで訪れた時の記録です。

1.航空券の手配
ゴットランド島への飛行機はリニェフリューグ(Linjeflyg)(以下「LF」)が運行しており、ストックホルム中央駅に隣接するシティーターミナルビル一階にはSASとLFのカウンターがある。 (リニェフリューグ社は現在は存在しません。この箇所の記述は1991年7月当時のこととして理解して下さい。下記参照) 右半分がLFのカウンターだが、窓口が混んでいる場合は入口近くにある順番札発行機の「INRIKES」と書いてある国内線のボタンを押し番号札をとって待つ。LFの夏の時刻表(Sommartidtabell)はカウンターに置いてある。スウェーデン語で書いてあるが、見方は簡単で全てストックホルム発(från Stockholm)とストックホルム行(till Stockholm)で曜日別に記載されている。
(1991年7月の話で)料金は片道975クローネ、往復1625クローネだが、各種割引があり土曜と日曜日に一人で日帰りで往復する場合 Minipris(ミニ料金)の適用があり片道運賃で往復できる。 但し、一度発券すると変更ができない等の制限もある。

★ 注 意 ★
※ Linjeflyg社(LF)は現在は存在しません。 ストックホルム−ヴィスビー間のチケットは Skyways社 とSASが扱っています。 両社のホームページで時刻表も容易に検索できます。
Skyways社のホームページ(英語可)
スカンジナビア航空のホームページ(英語可)


なお、Nynäshamn や Oskarshamn から海路フェリーで Visby に向かうこともできますが、船中だけで4時間はたっぷりかかります。
フェリーの時刻表などの詳細は Destination Gotland社のホームページを見て下さい。

Homepage of Destination Gotland(英語可)



2.空港にて
ヴィスビー行きの国内線は国際線同様アルランダ空港から発着する。 空港バスはシティーターミナルビル一階から出ている。空港までは40〜50分で着くが、最初に停まるのは国際線ターミナルで、ヴィスビー行きは二番目に停車するターミナルで降りる。(終点ではない)自分の飛行機が何番ゲートから出るか掲示板で確認した後2階の当該ゲートの近くで待っていればよい。 出発の15分くらい前になると係員が来てチケットを切り取って、簡単な手荷物検査がある。搭乗券はないから何処に座っても良い。 飛行機にはターミナルビルから直接搭乗できる。 飛行時間は30分だ。



3.ヴィスビー空港から市内へ
空港ビルを出ると市内行きのバスが待っている。運転手のおじさんに帰りのバスの時刻表とヴィスビーの市内地図をもらうと良い。 ヴィスビーの市内地図はストックホルムのスウェーデンハウスにもなく、この時初めて手にした。 (在日スカンジナビア政府観光局にもなかった)
市内には20分ほどで着いた。バスは聖ニコライ教会廃墟前まで行くが、その一つ手前の Donners plats で降りれば目の前が観光案内所だ。 城壁の中に入って最初に停車する広場だからすぐ分かる。 なお、観光案内所のある Strandgatan 通りが目抜き通りになっている。
Visby空港の情報



ヴィスビーの観光名所は城壁に囲まれた地域、とりわけ観光案内所から聖ニコライ教会廃墟方向への約半分の地域に集中している。私もこの地域を歩いてみた。

それでは地図を見ながら廃墟巡りに出かけましょう。
ヴィスビー市街図を表示
ヴィスビー市街図

ブルマイスターハウス(観光案内所)

ブルマイスターハウスの二階(ビデオ画像) ブルマイスターハウスの壁画(ビデオ画像)

先ず、何はともあれ観光案内所へ行って情報を収集した。 地図をつい先ほど手にしたばかりで何処に何があるのか、何処へ行って良いのか分からない。 ガイドブックに載っている教会などが地図上の何処にあるのかも分からない。 そこで、観光案内所の人に見所を地図上に書いてもらった。
観光案内所の建物はブルマイスターハウスといい1653年にリューベックの商人ハンス・ブルマイスターによって建てられた住宅である。 二階が一般公開されており特に板壁に描かれた絵が鮮明に残っている。(写真)
ヴィスビーの地図
クリックすると大きな写真が見られます。
アルメダーレン公園からサンタ・マリア大聖堂を望む

Donners plats 広場から Donnersgatan通りを城壁を出て海の方へ行くとアルメダーレン公園がある。(なお、公園の手前に公衆トイレがある。)
芝生に腰を下ろして一服しながら歩くコースを地図に書き込んでみる。 ここからサンタ・マリア大聖堂の塔がよく見え、町の外観が次第に分かってくる。 公園のはずれはもうバルト海でギラギラ照りつける太陽の下で日光浴をしている人がいる。


海岸沿いの向こうに火薬塔が見える。 行ってみよう。
Visby Nr.2 へ
(NEXT)


2005/12 2001/3 6/24 2002/7/31
ヨーロッパの旅へ
(HOME)
スウェーデンの旅へ Visby Nr.2
次のページに進む

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved