イタリアの旅へ戻る TORINO
トリノ
ヨーロッパの旅へ (HOME)


ミラノからアオスタに行く途中ここトリノに立ち寄った。ここはピエモンテ州の州都だけあって大都会だ。ほんの数時間の滞在では観光できるところも限られている。この町の第一印象は町が整然としていることだ。
我々は先ずポー川を渡りカップチーニ山の展望台に向かった。ここからトリノの町が一望できる。
カップチーニ山の展望台よりトリノ市街を望む

この展望台にはサンタ・マリア・デル・モンテ教会があり、また、一角には山に関する博物館(Museo Nazionale della Montagna Duca degli Abruzzi)もある。

カップチーニ山の展望台

再び市内に戻りトリノ大聖堂(ドゥオーモ)に向かった。この大聖堂内のサン・シンドネ礼拝堂は聖骸布(せいがいふ)が保管されていることで有名だ。

大聖堂

大聖堂内部(ビデオ画像) 聖骸布−写真展示(ビデオ画像)

聖骸布とはキリストが十字架から降ろされたとき遺骸を包んだとされる布で、これにキリストの聖痕が印されているというものだ。
残念ながら本物は一般公開されていないが、聖骸布が保管されている祭壇は見学することができる。また、かなりのスペースをとって聖骸布の実物大の写真などが展示されている。

キリストの遺骸は先ずこの縦4.4メートル、幅1.9メートルの亜麻布の下半分に横たえられ、布の上半分が折り畳まれて被せられたというのだ。だから聖骸布には正面と背面の全身像が印されている。また、手首、両足、脇腹の辺りには血痕とされる染みも残っている。
写真で見る限りあまりにもリアルなので真偽を疑いたくなるが、こういうところへ来たら素直に受け入れた方が想像が膨らんでくる。
見学者の中にはクスクス笑っている者もいたが案の定係員に注意されていた。信じる信じないはその人の勝手だが、ここを訪れるときは「クスクス笑い」は御法度である。

大聖堂の鐘楼

大聖堂の左には鐘楼が独立して建っている。

パラティーナ門とシーザーの像

大聖堂近くのチェーザレ・アウグスト広場には多くの考古遺跡が残されている。上の写真は古代都市の外壁の一部であったパラティーナ門で紀元一世紀頃のものだ。

王宮(ビデオ画像)

トリノ空港(リンク)
ここからトリノの情報もリンクされています。



ヨーロッパの旅へ
HOME


イタリアの旅へ

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved