イタリアの旅へ戻る Monte Bianco
モンブラン観光
ヨーロッパの旅へ (HOME)


早朝7時にアオスタのホテルを出発し、モンブラン観光に出かけた。フランスのシャモニー側からの観光は以前にも経験しているが、今回はイタリア側からの観光となる。バスはクールマイユールを経由しアントレーヴェ近くのラ・パリュ(1370m)へ向かった。 ここからロープウェーを乗り継ぎフランス側のエギーユ・デュ・ミディまで行きシャモニーの村に降りるのが今日のコースだ。 途中イタリアとフランスの国境があるからパスポートが必要だ。
ラ・パリュのロープウェー乗り場

ラ・パリュからエギーユ・デュ・ミディに至るコースはシャモニーからのそれに比べ何倍も時間がかかるが、非常に変化に富んでおり大氷河の真上を通り岩峰群を間近に見ることができる。そのため天候が少しでも悪いと直ぐ運転を中止してしまうらしい。我々が行ったときも天候調査中でしばらく待たされてしまった。
(シャモニー側のロープウェーはよほどのことがない限り運休はしないようだ。ただし、天候が悪いのに登っても結局何も見えないと思う。)

ロープウェーの切符
我々は先ずパヴィヨン(2130m)、トリノ小屋(3375m)を経由しエルブロネ(3470m)に向かった。ここがイタリアとフランスの国境となっており、展望台に出ると岩峰群を間近に見ることができ、そのすごい迫力に圧倒される。


その雄大なパノラマに感激して写真をバシバシ撮りたくなるが、雪が反射してかなり光線が強いからオートで撮ると露出不足になってしまうはずだ。

クリックすると大きな写真が見られます。
エルブロネの展望台にて

エルブロネからは今までのように大きなロープウェーではなく、四人乗りのゴンドラを三つずつ連ねて行く。大氷河の真上をほぼ並行に進んで行き、この区間が結構長く最大の見所である。ゴンドラは何カ所か窓が開くから変化に富んだ素晴らしいパノラマをカメラに収めることもできる。
ゴンドラは時々ガタンと揺れてしばらく止まるが故障したわけではない。しかし、もしこんな所で本当に故障して止まってしまったらと思うとちょっとゾッとする。下の写真は反対方向のゴンドラを撮ったものです。

クリックすると大きな写真が見られます
(ビデオ画像) エルブロネからエギーユ・デュ・ミディへのロープウェー

上の写真も下の写真も望遠レンズで撮っているわけではなく、このような雄大な景色が間近に見られるのだ。

クリックすると大きな写真が見られます。
こんなパノラマが飽きるほど見られる エギーユ・デュ・ミディが見えてきた(ビデオ画像)

そして、ゴンドラは最終目的地エギーユ・デュ・ミディに到着する。ここまで来たら是非頂上テラス(3842m)にも登りたい。ここからは下のシャモニーテラスと遙か眼下に広がるシャモニーの村を望むことができる。

クリックすると大きな写真が見られます。
エギーユ・デュ・ミディ
頂上テラスからシャモニーテラスを望む

エギーユ・デュ・ミディ展望台からはシャモニーの村にロープウェーで一気に降りた。途中一回乗り換えるものの何と早く呆気ないことか。それは延々とロープウェーを乗り継ぎエギーユ・デュ・ミディに至ったコースに比べいかにも味気なく感じられた。

クリックすると大きな写真が見られます。
シャモニー側に降りるロープウェーより

シャモニーのロープウェー乗り場 シャモニーにて

シャモニーの村からエギーユ・デュ・ミディを見上げると既に雲がかかって見えなくなっていた。その後村を散策し昼食をとり、バスでクールマイユールに立ち寄ってアオスタに戻った。

※ このページに関連するリンク ※
1.イタリア側からのロープウェーの情報(英語可)
2.シャモニー観光局(英語可)
3.シャモニー観光情報(日本語)


ヨーロッパの旅へ
HOME


イタリアの旅へ

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved