イタリアの旅へ戻る Cervinia
チェルヴィニア
HOME


チェルヴィニアにやって来たのはマッターホルン(イタリア名「チェルヴィーノ」)を見るためだった。ここはスイスのツェルマットとは峠を挟んだ反対側にあたる。

マッターホルンは一般にスイス側から見る優雅で女性的な姿で知られるが、チェルヴィニアから見るそれはちょうどその反対側でゴツゴツした岩肌を見せる男性的なものだ。

しかし、私が訪れたときは雲がかかってチェルヴィーノの雄姿はほとんど見えなかった。せっかく遙々やって来たのだからここからロープウェーを乗り継ぎプラトー・ローザ(Plateau Rosa 3480m)に登ってみた。乗客のほとんどは夏スキーを楽しむ人々であった。

ロープウェーの切符

プラトー・ローザの展望台からは岩峰群のパノラマをバックに広大な氷河が広がっていた。ここからチェルヴィーノ(マッターホルン 4477m)の南壁が望めれば最高だったのだが、それは叶わなかった。
プラトー・ローザの展望台

チェルヴィニアの村に戻り、観光客で賑わうメインストリートを歩いてみた。人口二千数百人の小さな村だが、高級ブティック、土産物屋、ホテルが建ち並びヨーロッパ有数の山岳観光地であることをうかがわせる。

教会と賑やかなメインストリート

帰り際マッターホルンを望むチェルヴィニアの絵葉書を記念に買った。 運が良ければこのようなマッターホルンをこの目で見ることができる。土産物屋のご主人の話ではこのように見られるのは希だそうだ。「別にあなたの運が悪いわけではないよ。」と変に慰められチェルヴィニアの村を後にした。



ヨーロッパの旅へ
HOME


イタリアの旅へ

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved