イタリアの旅へ戻る AOSTA
アオスタ
ヨーロッパの旅へ (HOME)


アオスタは北イタリア西部のフランスとスイスに国境を接する Valle d'Aosta州の州都だ。 この地方はその名の通り「アオスタ渓谷の州」。 モンブラン(イタリア名「モンテ・ビアンコ」)やマッターホルン(イタリア名「チェルヴィーノ」)といったお馴染みのアルプスの名峰に囲まれている。

ミラノのホテルで今日どこへ行くのか尋ねられ「アオスタに行く。」と答えたら、「冬でもないのにアオスタなんかに何しに行くんだ?」と言われた。 日本人はミラノからほとんどがヴェローナやヴェネツィアに向かうから変な日本人だと思われたに違いない。
トリノからアオスタに向かうと次第に渓谷の風景に変わってくる。 「ここが本当にイタリアなのか?」と思うほど今まで見てきたイタリアの風景とは異なっている。 
このドーラ・バルテア川沿いの街道にはバール砦やフェニス城など大小の古城・砦が点在し、昔から重要な交通路だったことが伺える。


バール砦(ビデオ画像)

バール砦と渓谷の写真(リンク)


市庁舎前のシャノー広場 

渓谷を抜け、夕刻、山に囲まれたアオスタの町に到着した。市庁舎のあるシャノー広場近くのホテル・ヨーロパにチェックインし、早速市内を歩いてみた。シャノー広場から東西に延びる通りがアオスタのメインストリートのようである。山岳地方の町なので登山用品の店も見られる。町の雰囲気は今まで見てきたイタリアの町とは明らかに異なり、どこか陰のある地方色を感じる。

聖堂(Cattedrale)(ビデオ画像)

アオスタは紀元前二十五年にローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスが造った町で「アルプスのローマ」と呼ばれるほどローマ時代の遺跡が多く残されている。
市街地のはずれにあるアウグスト門は町の建設と同時に造られたもので、その名の通り皇帝アウグストゥスに捧げられた凱旋門だそうだ。
また、市庁舎からアウグスト門の方向に延びる商店街(プレトリアーネ通り)を途中で左に入るとローマ劇場の遺跡がある。その遙か遠方に目をやると雪を頂く山々が夕陽に照らされ輝いていた。
「古代遺跡と雪を頂く山々」は何だかミスマッチな感じもしたが「古代からこの町がアルプス越えの重要な拠点だったのだろうな。」と勝手に想像を巡らせるとアオスタの町が少し解りかけたような気分になってきた。

ローマ劇場跡(ビデオ画像)

明日はモンブラン観光に出かける予定だ。フランスのシャモニー側からは何回か行ったことがあるが、イタリア側からの観光は今回が初めてだ。聞いた話によるとこちら側からの方が比較にならないほど素晴らしいそうだ。
絶景を見たければ早朝が勝負だから今日は早く寝ることにしよう。



ヨーロッパの旅へ
HOME


イタリアの旅へ

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved