フランスの旅へ Musée national du Moyen Age (2)

クリュニー中世美術館 (パリ)
HOME


 二階の展示室 
◆ 貴婦人と一角獣のタペストリー 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne クリュニー中世美術館 Musée national du Moyen Age
「貴婦人と一角獣」のタペストリー展示室

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne クリュニー中世美術館 Musée national du Moyen Age 貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne クリュニー中世美術館 Musée national du Moyen Age
「貴婦人と一角獣」のタペストリー展示室 「貴婦人と一角獣」のタペストリー展示室 

一階から階段を上ると二階の真正面が「貴婦人と一角獣のタペストリー」の専用展示室です。 退色を避けるため他の展示室に比べ照明は極端に落とされています。
写真撮影はフラッシュや三脚を使わなければ自由ですが、撮影条件は最悪です。 このページの写真は ISO1600 露出補正後のシャッタースピード 1/8 で撮ったものです。 手ぶれを最小限に抑えるにはちょっとした工夫が必要です。
展示室の説明によるとこれら六枚ののタペストリーは15世紀末にパリで下書きデッサンされ、ベルギーのブラバンで織られたそうです。 深紅の地に対照的な深いブルーが使われ、中央に貴婦人と侍女、両脇に紋章を持った獅子と一角獣が描かれ、千花模様(Millefleurs)で埋め尽くされています。 それぞれの貴婦人は人間の五感を象徴しているとされています。
  クリュニー美術館のサイト



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 味覚 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「味覚」 貴婦人と一角獣 

五枚のタペストリーが横一列に並ぶ一番左側のタペストリーです。 「味覚」と数カ国語でその主題が記されています。 貴婦人が侍女の差し出すドラジェ (dragées) という菓子を摘んでいます。 足下の猿は果物か木の実を食べています。

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne 貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
貴婦人 侍女の差し出すドラジェを取る貴婦人


貴婦人と一角獣のタペストリートー La Dame à la licorne
一角獣 
貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
貴婦人の足下の犬



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 聴覚 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「聴覚」 貴婦人と一角獣 

二番目の「聴覚」のタペストリーです。 絨毯のかかった台に置かれたオルガンを貴婦人が弾いています。 侍女は鞴(ふいご)でオルガンに空気を送っています。

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「聴覚」 貴婦人と一角獣

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「聴覚」 貴婦人と一角獣

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
オルガンの置かれた台に敷かれた絨毯
貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
獅子 一角獣 



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 視覚 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「視覚」 貴婦人と一角獣

三番目の「視覚」のタペストリーです。 このタペストリーには侍女がいません。 一角獣が貴婦人の膝に足をのせ、鏡に映る自分を見ています。 その表情は従順そのものです。

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne 貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「視覚」 貴婦人と一角獣  「視覚」 貴婦人と一角獣

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「視覚」 貴婦人と一角獣



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 臭覚 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「臭覚」 貴婦人と一角獣

四番目のタペストリーは「臭覚」です。 侍女が持つ盆には花があり、貴婦人は花冠を編んでいます。 脇に置かれた花籠では猿が花を取り香りを嗅いでいます。

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「臭覚」 貴婦人と一角獣 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne 貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「臭覚」 貴婦人と一角獣  一角獣 



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 触覚 

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
「触覚」 貴婦人と一角獣 

五番目のタペストリーは「触覚」です。 貴婦人は左手で一角獣の角に触れ、右手には自ら紋章旗を持っています。 「視覚」のタペストリー同様侍女はいません。 貴婦人の表情は他のタペストリーとは異なり、何かに立ち向かおうとしているように見えます。 その視線の先にいる猿は鎖で繋がれています。 何か暗示が込められているような気がします。

貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne 貴婦人と一角獣のタペストリー La Dame à la licorne
鎖に繋がれた猿 一角獣 



 貴婦人と一角獣のタペストリー 
◆ 私の唯一の望みに 

Tenture de la Dame à la licorne " A mon seul désir"
A mon seul désir 「私の唯一の望みに」 

Tenture de la Dame à la licorne " A mon seul désir" Tenture de la Dame à la licorne " A mon seul désir"
A MON SEUL DESIR 「私の唯一の望みに」 A MON SEUL DESIR 「私の唯一の望みに」

最後の六枚目のタペストリーは他のタペストリーと向かい合うように反対側の壁に掛かっています。 背後の青い天幕には A MON SEUL DESIR 「私の唯一の望みに」 と暗示を込めた言葉が記されています。 貴婦人は前5枚のタペストリーで身に付けていた宝石や貴金属を侍女の持つ宝石箱に戻しています。 
展示室内の説明によると、この放棄を表す行為は、彼女の「唯一の望み」すなわち分別のない判断力によって引き起こされた人間の超過した欲求又はそれまでの五感の喜びによって引き起こされた情念を自ら断ち切ることのできる強い意志(「自由意思」)を表しているそうです。 また、他の説によるとそれは人間が宗教上、道徳上のすべての罪から解き放たれた清い心を維持するための魂や精神、つまり邪悪な心に惑わされない判断力、第六感を意味しているというのです。

Tenture de la Dame à la licorne " A mon seul désir" Tenture de la Dame à la licorne " A mon seul désir"
A MON SEUL DESIR 「私の唯一の望みに」  宝石を箱に戻す(部分)

なにやら哲学的な暗示を秘めたタペストリーのようです。 一枚一枚、細部を観察しながら想像を膨らませていると時間が経つのを忘れてしまいます。
参考: クリュニー中世美術館サイト内の写真と解説のページ(英語)(フランス語)



 二階のその他の展示 

祭壇 聖女像

絵画展示 展示室風景



司教杖
黄金のバラ (14世紀)

黄金のバラの説明



Stalles de Saint-Lucien de Beauvais
聖歌隊席 聖歌隊席 (15世紀初頭) 

右上の聖歌隊席はボーヴェのサン・ルシアン教会にあったもので15世紀末の作品だそうです。
聖歌隊席の説明

Le plafond de la chapelle
館内礼拝堂の天井 石の細工 (部分) 館内礼拝堂



ステンドグラス (受胎告知)
David et Goliath
ステンドグラス(受胎告知のマリア) 盾 (ダヴィデとゴリアテ)  

クリュニー中世美術館の見学はこれで終わりです。 中世美術に興味のある方は必見の美術館です。 謎を秘めた「貴婦人と一角獣のタペストリー」も是非見に来てください。 
クリュニー美術館のサイト

クリュニー中世美術館の一階へ戻る
BACK

2007/07/01
フランスの旅へ
HOME
画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise All rights reserved