ヨーロッパの旅(HOME) OTTOBEUREN
オットーボイレン
ドイツの旅へ戻る


オットーボイレンには3回目のドイツ旅行の際訪れた。大聖堂で有名なウルムから列車で南下するとメミンゲンという町がある。ここからさらにバスで20分位のところにあるオットーボイレンの村には壮麗なベネディクト派の僧院がある。私がここを訪れようと思ったきっかけはある本でこの僧院を知ったからだ。そこには次のように書かれていた。

「ミュンヘンの東南約100キロ、アルゴイ地方の丘陵に囲まれた田園にオットーボイレンという小さな町がある。この町を名高くしているのはベネディクト派の古い僧院で、うねうねとつながった建物全体の長さは500メートルにも及ぶ大きなもの。しかし最大の見物はその全面にそびえた二つの塔をもった大教会で、外観も格調高い堂々としたバロック建築だが、一歩堂内に入れば誰でも思わず息をのんで立ちすくむ。18世紀に南ドイツの大建築家フィッシャーをはじめ多くのドイツ、イタリアの美術家達が精魂こめて作り上げた大作で、祭壇、聖像、天蓋のフレスコ画など、どれも精緻な構成と高雅な色彩の調和にあふれている。この種の聖堂としては型破りに東西に向けて建てられているため、横窓から差し込む陽光を浴びて堂内はいやが上にも輝きにみちるのである。まことにドイツの数多い教会建築の中でも珠玉の名作と呼ぶにふさわしく、このバロック美術の大聖堂を見るためにはるばる旅する価値は十分にあるだろう・・・」






蔵書室

教会内部で面白いのは一見大理石の柱や壁が実は描かれたものだということだ。よく見れば本物の大理石かどうかすぐ分かるが、注意して見ないとなかなか気づかない。叩いてみるとコン・コンと音がして絵の具の下はどうも木材のようである。

ふと目に留まった聖母像 拝観券

内部は広く宝物展示もあるので見学には時間的余裕が必要です。

メミンゲンからバスで僧院に向かうとき「オットーボイレン」という名の付いたバス停が沢山あるのでどのバス停で降りるのかわからないと思う。運転手さんに一言頼んでおけばよいのだが、僧院があるのは Cáfe Park Ottobeuren というバス停でした。

※ リンク ※
オットーボイレンの情報(ドイツ語)
オットーボイレンの地図(pdfファイルです※アクロバットリーダーが必要)
メミンゲンの情報
2005/11 2001年5月
ドイツの旅へ
HOME

画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved