ドイツの旅へ戻る GLÜCKSBURG
グリュックスブルク
HOME
ヨーロッパの旅へ


グリュックスブルク城
グリュックスブルクは私が海外旅行で初めて行った村です。ハンブルクから列車で北に約2時間のところにフレンスブルク(Flensburg)という町があります。
駅前からバスに乗り約15分で市内のバスターミナル(ZOB「ツォプ」と読む)に到着します。

グリュックスブルクはそこからさらにバスで30分くらいの郊外にある入り江に面した静かな村で海岸に出ると対岸のデンマークがすぐ近くに見えます。私が初めてここを訪れたのはもうかなり前のことですが、ここで2週間過ごしました。入り江に面した海岸は避暑の海水浴客でにぎわっており白い砂浜に並ぶ「シュトゥラントゥコルプ」(Strandkorb)という籠製の椅子が印象的でした。

観光のメインは地名と同名の水城「グリュックスブルク城」”Glücksburg”です。バスは城の前にも停まります。もちろん内部の見学もできます。
(見学は4月〜10月 毎日10時〜18時 但し10月は月曜休館・11月〜3月 土日のみ10時〜17時)
2001年7月現在

バスは一時間に一本位の割合で運行しています。なお、フレンスブルクに戻る場合来たときと同様バスで帰っても良いのですが、海岸からフレンスブルクまでフェリーが出ています。フレンスブルクも観光する場合こちらの方が便利です。是非利用して下さい。(フレンスブルクを観光しない場合はバスで帰った方が便利です。)

グリュックスブルク城の入口前(城内より) 城  内

グリュックスブルクの海岸とStrandkorb 帰りはフェリーでフレンスブルクに戻った



短い夏につかの間の賑わいを見せる白い砂浜とそこに並ぶStrandkorb。あの光景を思い出すたびに私はヒルデガルト・クネフ(Hildegard Knef)の ”Ostseelied ”「バルト海の歌」を思い出します。

この歌は昭和48年8月31日放送のNHK「やさしいドイツ語」応用編で紹介されたことがあります。このときのテキストには次のように書かれています。



「・・・ドイツ・シャンソン界のスターHildegard KnefのChanson "Ostseelied"をご紹介しましょう。彼女自身の作詞作曲になる歌は北の海へのドイツ人らしいSehnsuchtをこめてこう歌っています:

Gib mir die Molen mit moosgrünen Beinen,
und Wellen, die singen ihr endloses Lied.
Gib mir die Farben, die still sich vereinen,
den Atem der Kindheit, der lautlos entflieht.




これは最後の4行ですが、最初の4行も紹介しましょう。

Ich hasse die gläserne Bläue des Himmels,
die nie müde Sonne, die alles entdeckt.
Ich hasse die flimmernde Hitze des Südens,
den graslosen Felsen, der lustlos sich streckt.

「私は憎む、あの透き通った空の青さを・・・」で始まるこの歌詞の全文は下記のリンクサイトで読むことができます。 メロディーもYouTubeにあります。この曲を聴けばきっと北ドイツに行ってみたくなると思います。

ところでこのとき放送されていた教材用映画が Am Strand ist eine Perücke sehr praktisch です。 ハイディとクリスタの双子の姉妹も可愛かったですね。




※ グリュックスブルク城のホームページ(ドイツ語・英語)
  グリュックスブルク−フレンスブルク間のフェリー会社(ドイツ語)
※ フレンスブルク−グリュックスブルク間のバス(参考)PDF
※ 
Ostseelied の歌詞

2001/5 7/21 2005/11 2008/09 2013/12
ドイツの旅へ

ヨーロッパの旅へ
HOME


画像等の複写・転用はご遠慮下さい。
Copyright(C) Izmreise all rights reserved